【鎌倉散歩】『由比若宮(元鶴岡八幡宮)』京都岩清水八幡宮を介して始まった源氏と鎌倉とのつながりの原点

鎌倉と源氏の関係が始まった場所と言っても過言ではない「由比若宮(元鶴岡八幡宮)」へは参拝したいものです。

現在の鶴岡八幡宮に移されたこともあって、こちらの由比若宮は元鶴岡八幡宮とも呼ばれています。早速、ご紹介します。

基本情報

鎌倉市材木座1-7

元鶴岡八幡宮?

平安時代に河内源氏と源頼義が前九年の役(1051〜1062年)で奥州(東北地方)の安倍氏を征伐しました。

決戦前に京都石清水八幡宮に戦勝祈願をしていた源頼義は、そのお礼として1063年に石清水八幡宮をお祀りしました。

その後、現在の雪ノ下に移して大きくしたのが、現在の鶴岡八幡宮になります。そのために「元八幡」といわれています。現在は「由比若宮」が正式名称のようです。

本宮

静かなる威厳を感じます。

芥川龍之介旧居跡

作家の芥川龍之介さんが、近所にあった小山別荘の別棟を借りて住まわれていたそうです。

御神木?

案内板の文字が消えてしまっていたので、御神木であったのか、他の重要な樹木であったのかはわかりませんでした。でも、大切な樹木であったことは間違いなさそうです。

まとめ

現在は住宅街の奥に静かに佇んでいますが、ここが鎌倉と源氏のつながりの原点であったと感じました。派手さはありませんが、敷地内は気も良くて素晴らしいところでした。

雪ノ下にある現在の鶴岡八幡宮に参拝してから、材木座にある由比若宮(本八幡)で原点を感じるのも、鎌倉散歩ならではの醍醐味です。

それぞれの鎌倉散歩を是非、お楽しみください。

こちらの記事もいかがですか