鎌倉鶴岡八幡宮『神苑ぼたん庭園』へ行って来たよ!

鶴岡八幡宮の『神苑ぼたん庭園』の拝観券を頂きましたので、見頃となっている牡丹を鑑賞してきました。朝晩は寒さは残りますが日中は暖かくなってきましたので、お昼ごはんを頂いてから『神苑ぼたん庭園』へ向かいました。

今回は三の鳥居側から入場することにしました。

「見頃です」の看板アピールに期待が膨らみます。禁止事項がありますので皆んなでマナーを守って気持ち良く牡丹を鑑賞したいですね。

拝観券をお持ちでない方は拝観料を払ってからの入園となります。

入口から入ると右手に小屋がありますので、こちらで拝観券を入手できます。

大人500円、中高生200円となります。25名以上の団体を組めば400円になります。

入口では早速、キレイな牡丹「新国色」が出迎えてくれます。

 

庭園内に入ると様々なぼたんを鑑賞することができます。

白色の「連鶴」です。

白色の「扶桑司」です。
白色の「玉天集」です。

白色の「花真珠」です。

白色でもたくさんの種類があって難しいです。頭がゴチャゴチャになってきたので、解り易い色彩の牡丹を鑑賞します。


赤色&ピンク系も種類が豊富ですね。

冬ぼたんは雪から守る為に藁で覆われています。

この冬ぼたんは3月3日まで公開されるそうです。鑑賞したいと思われた方は期間内にご訪問してみては如何でしょうか。どうしてもスケジュール調整できないという方は3月23日から春ぼたんを公開予定だそうです。全ての牡丹を入れ替えて藁から傘に変えて公開されるそうです。

本当にキレイな牡丹を鑑賞できて良かったです。拝観券を頂いた方や牡丹のお世話をしている方々に感謝です。本当にありがとうございました!お〜しまい!

この記事を書いた人

いんな~ぼいす♪

「いんな〜ぼいす♪」は細渕和規(Hosobuchi Kazunori)の公式ブログです。自分の内なる声で生活に良い変化がありました。今年からヒーリングを受け始めて、今度は人生に良い変化が出始めています。1968年7月6日生まれの申年蟹座、埼玉県さいたま市浦和区出身です。血液型A型、右利き。