最良の大吉日『一斉遠隔ヒーリング』で「豊かさのエネルギー」を受け取った後の行動が大切と感じた1日

お世話になっているヒーリングサロンで主催されている、月に一度の『一斉遠隔ヒーリング』が、最良の大吉日である6月20日に実施されました。今月のテーマは「豊かさのエネルギーを受け取る」でした。

実施されたのは、6月20日の22:00から30分間でした。翌朝、目覚めた時に「あっ、エネルギーに満ち溢れている。」と感じることができました。

6月の一斉遠隔ヒーリングについて、少しシェアさせて頂ければと思います。

最良の大吉日って?

今年は暦の上で最良の大吉日が2回あります。6月20日は、今年2回目の最良の大吉日でした。最良の大吉日とは「天赦日」と「一粒万倍日」が重なる日を指します。

天赦日

天の恩恵により、何事にも最良の日という大吉日。

「てんしゃにち」とか「てんしゃび」と読みます。

一粒万倍日

一粒の種が万倍に増えるという日。

「いちりゅうまんばいにち」とか「いちりゅうまんばいび」と読みます。

一斉遠隔ヒーリングって?

遠隔ヒーリングとは文字そのものなのですが、「遠隔でヒーリングエネルギーを受け取る」ことです。

一対一の場合は事前に個別にテーマを決めて、遠隔ヒーリングを受けますが、”一斉”はヒーラーさんが決めたテーマを皆んなで一斉に遠隔ヒーリングを受けることになります。

誰がやってくれるの?

ヒーラーさんです。様々なヒーラーさんがいるので、ご自身と波長や波動が合った方が宜しいと思います。

また、提供しているサービスもヒーラーさんやサロンによって、それぞれの特徴があります。

受けた感じ

私の事例で恐縮なのですが、以下に共有させて頂きます。

・ジワジワ感から始まったことを実感
・開始から数分で寝てしまいました
・目が覚めたら夜中の2時半でした
・翌朝は起床する気になれませんでした
・8時まで横になっていました
 (普段は目覚まし無しでも6時半に起床)
・午前中はフワフワした状態でした
・何もせずにボーッと過ごしました
・お昼頃からスイッチが入ってブログ更新
・気持ちの状態が立て直されていました
・ただの日常生活が楽しく感じました

6月上旬頃から何となく悪いリズムであったのですが、
いつもの良いリズムに戻った感じです。

具体的に言うと、エネルギーに満ちた感じになりました。

エネルギーを実感できなくてもOK

ヒーリングが始まってもエネルギーを、「感じる人」と「感じない人」がいるようです。

「感じる人=Good」で、「感じない人=No Good」ではありません。

ここは大切なポイントですが、『感じなくてもエネルギーは受け取れている』のです。

まとめ

今までの良いリズムに戻ったことや、エネルギーに満ちている感じになったことは、本当に良かったと感じています。

ただし、エネルギーを受け取った後の行動が大切になるのです。

行動しないで、じーっとしても人生は何も変わらないのです。受け取ったエネルギーを活用することが、受け取った人に委ねられるのです。活用とは行動することです。

既に7月の一斉遠隔ヒーリングの内容が公開される7月1にが待ち遠しいものです。興味が湧いた方は、参考サイトをご活用ください。

ご参考サイト

この記事を書いた人

いんな~ぼいす♪

「いんな〜ぼいす♪」は細渕和規(Hosobuchi Kazunori)の公式ブログです。自分の内なる声で生活に良い変化がありました。今年からヒーリングを受け始めて、今度は人生に良い変化が出始めています。1968年7月6日生まれの申年蟹座、埼玉県さいたま市浦和区出身です。血液型A型、右利き。