WordPressテーマ『Snow Monkey』でハイクオリティなWebページを思い通りにカスタマイズ

WordPressを使い始める時には必ずテーマを決める必要があります。

でも、どのテーマにしたら良いのか解らなくて、無難な無料テーマでスタートする方は多いと思います。 その後、色々なテーマを探したり、ライブプレビューで試してみたけど、どれもシックリと来ない経験もあると思います。

「あちらを立てると、こちらが立たないなぁ〜」とか「ここがもう少し調整できれば良いのになぁ〜」という感じにモヤモヤすると思います。HTMLやCSSの知識があれば解決したのかもです。

そんな時にオススメなのが『Snow Monkey』です。HTMLやCSSの知識がなくても、思い通りにデザインできて、ハイクオリティなWebページを完成させることができるのです。

Snow Monkeyを選ぶ理由

理想のデザインや仕様に限りなく近づけたことが一番の理由です。

Gutenbergブロックエディターに完全対応したテーマで、HTMLやCSSの知識がなくてもクオリティの高いWebページを制作できるのです。

何よりもブログに来ていただいた方々に ”おもてなし” を提供できると確信できるテーマなのです。

サポートや特典も充実

スタンダードのサブスクリプション(継続課金)を購入すると次のサービスが利用できます。

・Snow Monkeyテーマの利用
・Snow Monkeyテーマのダウンロード
・自動アップデート
・オンラインコミュニティへの参加
・サポートフォーラムへの公開投稿
・メンバー限定記事の閲覧
・有料アドオンの期間限定無料配布
・デザインスキン登録

モンキーレンチ

Snow Monkeyは、北島卓(キタジマタカシ)さんが代表を務める個人事務所「モンキーレンチ」から提供されている有料WordPressテーマです。

モンキーレンチが運営しているSnow MonkeyのWebサイトから入手できます。

試用版でお試し可能

Snow Monkeyは100%GPLの有料テーマです。販売しているものと同等の試用版でお試しが可能です。

自分は少なくとも1-2週間は試したかったので、直接お願いしたところ、北島さんから「特に期限は設けていないので、お時間のあるときにじっくり試用されてください!」との嬉しいお返事を頂きました。

結局は2ヶ月弱もお試しさせて頂いてから、購入させて頂きました。

スタンダード(年額課金)

料金はサプスクリプション(年間課金)になります。スタンダードは税込16,200円(消費税1,200円)、プロは税込54,000円(消費税4,000円)になります。(2019年9月現在)

ブログなどの運営はスタンダードで十分です。

ダウンロードはzipファイル2つ

手続きが完了すると、「snow-monkey.zip」と「my-snow-monkey.zip」の2つがダウンロード可能になります。

「my-snow-monkey.zip」は、パスワードやアカウントの詳細を編集したり、商品や請求書の送付先を管理するために使います。

ブロックエディターもSnow Monkeyで統一

テーマをSnow Monkeyにしたので、ブロックエディターを「Snow Monkey Blocks」にしました。

ページを賑やかにする吹き出しボックス、Webサイトで良くみかける価格表、よくある質問、ステップなどのブロックを簡単に使える機能があります。

このプラグインは無料で使えるのが嬉しいです。

まとめ

WordPressのテーマ選択に迷っている人、有料版を使うことに躊躇している人は「Snow Monkey」を候補に入れるべきと思います。

有料といっても税別で年間15,000円なので月額にすると1,250円です。テーマを含めてサポートフォーラムなどの特典も利用できるので、とてもリーズナブルです。(2019年9月現在)

1年間使ってみてサポートフォーラムなどの特典は要らないという人は、サブスクリプション(継続課金)を停止しても、「テーマの利用」と「自動アップデート」は使えます。

しかしながら、キタジマタカシさんに「Snow Monkey」を提供し続けて頂く為に、サブスクリプションは継続して、ご利用頂きたいというのが私の気持ちです。

「SnowMonkey」ご参考リンク