ロジクール製キーボード『MX KEYS(MAC用)』リズミカルなタイピングには向かないレイアウトで利用断念

Mac用のUSキーボード配列ということで、発売開始当初は品薄になるほどの人気キーボードです。

キータッチの質感が非常に良いのですが、個人的にはタイピンングに向かないレイアウトでした。とても残念なのですが、2週間ほどで継続利用を断念しました。

購入を検討されている方に参考になればと思い、その残念な理由と良かった点を合わせて、共有したいと思います。


※記事の最後に、2週間使用した『MX KEYS(MAC用)』のお譲り募集を掲載します。

基本情報

先ずは簡単に製品を確認します。

特徴

 ・完璧なストロークキー。MACレイアウト。
 ・快適、安定、ミニマリズム
 ・スマートイルミネーションスマートな構造
 ・複数のパソコン、1つのフロー
 ・USB-C – USB-C充電

  ※ロジクールのサイトより引用

キー配列

 US (テンキー付き)

カラー

 スペースグレー

価格

 15,950円(税込)

 ※詳細スペックはロジクールのサイトで確認ください。

残念と感じた点

キー配列が非対称

ホームポジション的に「G」と「H」のキーを境界線にすると、スペースキーが非対称になります。

これはUSキーボードの「かな」と「英数」の変換を左右のcommandに割り当てている自分には、致命的にタイピングしずらい要因となりました。

「かな」にする時に高い確率で、スペースキーの端をタッチしてしまいます。

テンキー付き

好みの問題になりますが、テンキーなしの方がマウス操作がし易いという理由です。

キーボードからの移動距離が長くなるので、腕が疲れるし、使い勝手が悪く作業効率が悪化します。

良かった点

キータッチが良い

キーストロークもあって、キータッチも心地良いです。

凹みでミスタッチしにくい

キータッチも良いのですが、この凹みのおかげてミスタッチが激減しました。気持ち良く、入力が可能となります。

適度な傾斜

僅かな傾斜があることによって、手首に負担をかけることなくキータッチがし易くなっています。

Fキーが便利

F13からF17のファンクションキーが、とても便利です。

 F13-15:接続先の切り替え
 F16:計算機が起動
 F17:スクショが撮れる

今まで利用していたキーボード

Apple製「Magic Keyboard – 英語(US)」を1年間弱、利用していました。キータッチはペチペチとイマイチでしたが、ミスタッチは少なかったです。

本日のまとめ

全体的な質感とキータッチは好みであったので、キー配列はとても残念でした。今後、残念に感じた2点が改善された場合は、間違いなく購入を検討すると思います。

キーボードは直接、手が触れるところなので、人にって大きく好みが別れると思います。「MX KEYS(MAC用)」が、悪いキーボードということではありません。どちらかと言うと、良いキーボードになると思います。

今回は自分の好みに合わなかっただけですので、キー配列やテンキーが気にならない方にはオススメのキーボードと思います。

ゆるく募集します

ご希望の方がいらっしゃれば、下記条件でお譲りします。

<お譲り価格>
 6,000円(税込)

<お支払い方法>
 銀行振込
 ※手数料はご負担をお願い致します

<送付方法>
 着払い

<条件>
 2週間使用したことをご理解いただける方
 返品は受け付けられないことをご理解いただける方

<応募方法>
「お問い合わせ」から、お願い致します。

先着順に対応させて頂きますので、ご了承頂きたくお願い致します。頂いたメールアドレスに、振込先などの詳細事項をご連絡させて頂きます。24時間以内にご返信致します。