WordPressプラグイン「Snow Monkey Blocks」で思い通りのWebページに!

WordPress 5.0のエディッターがGutenbergになって考えたいのがプラグインです。WordPrssテーマを「Snow Monkey」にされているなら、迷わず「Snow Monkey Blocks」をオススメします。何故なら、HTMLやPHPなどの知識がなくても、「やりたかったこと」が「できる」ようになるのです。「Snow Monkey」との同時利用ならで利用できるブロックが更に増えて、ブログをつくることが楽しくなるからです。

WordPress5.0を使い始めたら

WordPress 5.0から採用された新しいエディターGutenbergでWebページをつくる際にはプラグインを活用してエディッター機能を向上させたいと感じると思います。そこで候補となるのが「Snow Monkey Blocks」です。どのテーマでもプラグインとして豊富な機能を活用できます。

何が良いの?

オールインワン

「Snow Monkey Blocks」は、「こういう感じのブロックを入れたいなぁ」という欲求を満たしてくれる機能があります。

コーディング不要

コーディングとは、プログラム言語を用いてプラグラムのソースコードを記述する作業です。専門知識がなくてもキレイなWebページがつくれます。

Snow Monkeyと抜群のマッチング

どのテーマでも利用可能なのですが、WordPress有料テーマ「Snow Monkey」と組み合わせることで、利用可能なブロックが大幅に増えます。

WordPress公式ディレクトリから

プラグインとしてダウンロール&インストール後に有効にするだけで反映されて、すぐに実用的なブロックが利用可能になります。WordPressの左側の「プラグイン」から、公式ディレクトリ経由にて入手できます。

まとめ

WordPress公式ディレクトリからダウンロードできるプラグインであっても、なかにはGutenbergが動かなくなってしまうものもあります。「Snow Monkey Blocks」は、そのようなこともなく快適に編集が可能です。色々なブロックを活用して思い通りにWebサイトを作れるので心が楽しくなります。

この記事を書いた人

いんな~ぼいす♪

「いんな〜ぼいす♪」は細渕和規(Hosobuchi Kazunori)の公式ブログです。自分の内なる声で生活に良い変化がありました。今年からヒーリングを受け始めて、今度は人生に良い変化が出始めています。1968年7月6日生まれの申年蟹座、埼玉県さいたま市浦和区出身です。血液型A型、右利き。