iPhone XS「3D Touch」を積極的に使おう!

3D Touchは画面を押し込む強さに応じて様々な操作を行える機能です。ロングタップとの違いは押した後のタイムラグがなくて、瞬時に反応します。

3D Touchには2段階あります。
「Peek」軽く押し込んで内容をポップアップさせる
「Pop」カチッと反応するまで強く押し込む
力加減に慣れは必要ですが便利な機能なので使っていくうちに自然に慣れると思います。

例えば、メールの「Peek」活用は内容を確認したい時に軽く押し込むと中身をチラ見することができます。

「Peek」すると、こんな感じです。

 

次にお薦めなのが「設定」アプリです。アイコンを強く押し込むと、ダイレクトに”Wi-Fi”や”Bluetooth”などの設定を呼び出すことができます。

また、「カメラ」アプリのアイコンを強く押し込むと、”ビデオ撮影”、”ポートレート撮影”、”QRコードをスキャン” などをダイレクトに起動させることができます。

スマートフォンを使い始めた時は「スワイプ」や「フリック」なども始めての機能で戸惑いましたが、今となっては皆さん慣れ親しんでいます。「Peek」も「Pop」も直ぐに慣れると思いますので、積極的にiPhone使って快適になりましょう。お〜しまい!