『 Snow Monkey Forms 』 WordPressでお問い合わせフォームをつくる方法

【ステップ1】
「Snow Monkey Formsでの作業」

新規フォームの作成

『Snow Monkey Forms』をインストール&有効化してから、「ダッシュボート」→「Snow Monkey Forms」→「新規作成」を選択します。

「お名前」「Eメール」「メッセージ」などの基本的な内容は最初から設定されています。他の項目を追加したい場合は、「+(プラス)」を選択します。

(1)
管理者用のタイトルでサイトには表示されませんので、ご自身が解りやすいものが良いと思います。

(2)
お問い合わせ者が目にする箇所になります。変更は可能なので、ご希望の文言に変更しても宜しいと思います。

(3)
お問い合わせ頂いた方への完了メッセージになります。ご希望の文言に変更しても宜しいと思います。
「お問い合わせいただき、ありがとうございます。」
「ご返信に2-3営業日をいただきます。」など。

(4)
入力必須などのフォームの設定をします。

フォーム設定

右上の「フォーム設定を開く」を選択します。

フォーム全体に青い枠と右側に項目が現れて、フォーム全体の設定ができるようになります。

設定できる4つの要素

設定できる要素は4つになります。

右側の山のようなマークをクリックすると設定詳細を閉じれます。

順番に各設定を確認してみましょう。

フォーム設定

<確認画面>
有効にすると、送信前に内容を確認できるようになります。

<プログレスストラッカー>
有効にすると、「入力→確認→完了」のような進捗状況が確認できるようになります。

<フォームスタイル>
「デフォルト」「Simple Table」「Letter」「Business」から好きなフォームを選べます。

管理者宛メール

<To(メールアドレス)>
お問い合わせ内容を受信したいメールアドレスを入力します

<件名>
受信した時にご自身が解るものにしてください。
複数のサイトを運営している方はサイト名などを入れると解りやすいと思います。

<Body>
デフォルトでは{all-Fields}が設定されているので、お問い合わせ内容が表示されるようになっています。
いきなりの本文に違和感を感じる方は「下記の内容でお問い合わせを受け付けました」などと設定しておくと宜しいと思います。

※任意箇所は空白でも問題ありません

自動返信メール

お問い合わせ頂いた方に自動返信される内容になります。

デフォルトのままで問題ありませんが、気になる方は管理者宛メール設定のようにBodyに「下記の内容でお問い合わせを受け付けました」などと設定しても宜しいと思います。

※任意箇所は空白でも問題ありません

高度な設定

CSSが解る人が活用します。CSSで細かい設定ができるのですが、何もしなくても全く問題ありません。

フォームの公開

公開して『Snow Monkey Forms』での作業は終了です。

この段階では問い合わせはできませんので、【ステップ2】「固定ページでの作業」をします。この時点で90%以上は終了したと思ってください。

この記事を書いた人

いんな~ぼいす♪

「いんな〜ぼいす♪」は細渕和規(Hosobuchi Kazunori)の公式ブログです。自分の内なる声で生活に良い変化がありました。今年からヒーリングを受け始めて、今度は人生に良い変化が出始めています。1968年7月6日生まれの申年蟹座、埼玉県さいたま市浦和区出身です。血液型A型、右利き。