Native Union「Stow Slim Sleeve(15&16インチ用)」は縦方向収納なのでバックパックに最適

先日、Incase製「Slip Sleeve(16インチ用)」をバックパック用に購入して、約1週間使用しました。印象としては、単体としては使い勝手も良くて、お洒落なイメージも好印象でした。

残念な点は現在、使用しているIncas製バックパックとの相性は良いとは言えないことでした。

そこで、MacBookProを”縦方向”に出し入れできる Native Union製「Stow Slim Sleeve」を購入してみました。最初から、こっちを選んでおけば良かったなという結果となりました。ご紹介します。

製品基本情報

概要

外出時の洗練された保護性と実用的な機能性を兼ね備えている。

マグネット開閉式なので、あなたのMacBookの出し入れは簡単。

毎日の必携アイテムはさらに取り出しやすいポケットに収納できる。

ポイント

16インチと15インチのMacBook Pro(2016~2019年)にデザイン

摩耗に強い生地とキルティングの内張りによりフォルムにフィットし全面を保護。

外側の収納ポケットが、毎日欠かせないものが出し入れも簡単。

出し入れが簡単なマグネット開閉式であなたのデバイスを守る。

仕様

フォームファクター : スリーブ、超薄型

素材 : ファブリック、ナイロン、ソフトタッチ

高さ : 27.79cm

幅 : 39.8cm

厚さ : 1.14cm

重量 : 309.86g

カラーバリエーション

グレイ
ブルー

価格

7,880円(税別)

※本製品基本情報はAppleサイトより引用

印象

全体的には上品な雰囲気でシンプルなので、カジュアルにもビジネスでも通用すると感じます。

質感

表面下部分の素材はファブリックです。網目も色合いも上品な感じがあります。

表面の素材はナイロンなので、簡単な防水になります。手触り感が良くなる加工がしてあります。

裏側全面も表面と同一素材のナイロンです。

控えめにブランドがプリントされています。

内部の素材はソフトタッチで、MacBookProへを優しく保護してくれそうです。段差もないので、引っ掛かりもなくスムーズな出し入れができます。

残念なのは反対側にタグがついていることです。傷や引っ掛かりの原因をなるので、自分は切り取りました。

使い勝手

MacBookPro16インチを乗せてみました。サイズにピッタリ感があって、良い感じです。

MacBookProを入れてみます。

これだけの余裕があるので、ストレスなく出し入れができます。

スッポリと入れると、この様な感じになります。

出しれ口はマグネットで、パチっと閉まりので安心です。

バックパックへの収納

ICON Slim BackPac

残念ながら、入りませんでした。

ICON BacPack

良い感じで入ります。

このくらいの余裕がありので、引っ掛かることもありません。

スッポリと入れると高さがちょうど良く収納でします。

まとめ

以前にご紹介したIncase製「Slip Sleeve(16インチ用)」ではなく、今回のNative Union製「Stow Slim Sleeve」を使うことにしました。

縦方向で足し入れができるということが、こんなにも使い勝手に差が出るとは思いませんでした。スリープケースはバックパックに入れたままにして、MacBookだけを取り出せるということは非常に利便性が高いのでオススメです。

ショルダーバッグやブリーフケースの場合は、横方向のIncase製「Slip Sleeve(16インチ用)」がオススメです。

こちの記事もいかがですか

この記事を書いた人

いんな~ぼいす♪

「いんな〜ぼいす♪」は細渕和規(Hosobuchi Kazunori)の公式ブログです。自分の内なる声で生活に良い変化がありました。今年からヒーリングを受け始めて、今度は人生に良い変化が出始めています。1968年7月6日生まれの申年蟹座、埼玉県さいたま市浦和区出身です。血液型A型、右利き。