銀座『ニューベトナム(Nhâ Viêt Nam)』静かさな空間と「ベジタリアン フォー」で身体と心への癒しランチ

どちらかというと新橋駅に近い銀座8丁目にある『ニューベトナム・プルミエ銀座』です。

この界隈は土曜となるとビジネスパーソンの数は減って、有楽町駅から近い銀座エリアに来た人が静かさを求めて流れてくる傾向にあります。

そんな自分もオフィスに戻る前に、心を落ち着かせたいと思い『ニューベトナム・プルミエ銀座』に来店しました。

今回は、おかずがセットされていない”フォー”のみの直球勝負である「自家製ワンタンのVegetarian Pho」をご紹介いたします。

基本情報とメニュー

場所や営業時間などの基本情報などは、前回の記事に詳しく書かせて頂いておりますので、ご参考下さい。

利用状況

土曜日の13時に1人ランチで利用しました。

本日の注文

自家製ワンタンのベジタリアンフォー(税込1,280円)

パクチーの下には、自家製ワンタンとエリンギの素揚げがタップリ入っています。

揚げワンタンは、皮はパリパリで中身がジューシーです。

素揚げ野菜とフォーの相性は抜群でした。

オニオンスライスのシャキシャキした食感がベジタリアン感を盛り上げます。

小皿パクチー(税込50円)

香りと味が濃厚になるので、外せない一品です。

お支払い

税込み1,330円でした。

お店の対応

丁寧に対応頂いて、ありがとうございました。

まとめ

今回はフォー単品でのランチとなりましたが、自家製ワンタン4つ、エリンギの素揚げもトッピングされていました。

追加注文したパクチーで、ベジタリアン感が強調されて、とてもヘルシーなランチを頂けました。

生春巻きやパパイヤのサラダなどのべトナムおかずも良いですが、フォー単品の「ベジタリアンフォー」もオススメです。

こちらの記事もいかがですか

この記事を書いた人

いんな~ぼいす♪

「いんな〜ぼいす♪」は細渕和規(Hosobuchi Kazunori)の公式ブログです。自分の内なる声で生活に良い変化がありました。今年からヒーリングを受け始めて、今度は人生に良い変化が出始めています。1968年7月6日生まれの申年蟹座、埼玉県さいたま市浦和区出身です。血液型A型、右利き。