大嘗祭は天皇が国民の安寧と繁栄を祈る厳かな宮中祭祀「感謝して向き合いたい」

2019年11月14日と15日に29年振りに大嘗祭が行わると発表されました。毎年11月23日に五穀の収穫を祝う新嘗祭(にいなめさい)が行われますが、天皇即位の儀礼後に初めて行われる今年の新嘗祭は『大嘗祭』となります。

今年に限っては日本人としては、同じ収穫祭なら、ハロウィンより大嘗祭で祝いたいものです。とは言うものの、「大嘗祭ってなに?」「新嘗祭ってなに?」をシンプルに振り返りたいと思います。

大嘗祭(だいじょうさい)

天皇即位の儀礼後に初めて行われる新嘗祭(にいなめさい)が大嘗祭となります。日本の天皇が皇位継承に際して行う宮中祭祀であり、皇室行事となります。

新天皇が即位の後に新穀を神々に供え、ご自身もそれを食します。その意義は、大嘗宮において、国家、国民のために、その安寧、五穀豊穣を皇祖天照大神及び天神地祇に感謝し、また祈念することになります。

新嘗祭(にいなめさい)

宮中祭祀のひとつになります。また、祝祭日(勤労感謝の日)の一つです。11月23日に、天皇が五穀の新穀を天神地祇(てんじんちぎ)に供え、また、自らもこれを食べ、その年の収穫に感謝する(収穫祭)とともに、神の御霊を身に体して生命を養います。

宮中三殿(きゅうちゅうさんでん)の近くにある神嘉殿(しんかでん)にて執り行われます。

宮中祭祀(きゅうちゅうさいし)

天皇が国家と国民の安寧と繁栄を祈ることを目的におこなう祭祀です。皇居宮中三殿で行われる祭祀には、天皇が自ら祭典を斎行し、御告文を奏上する大祭と、掌典長(掌典職)らが祭典を行い、天皇が拝礼する小祭があります。

まとめ

ハロウィンは、今でこそアメリカでは民間行事として定着していますが、もとを辿ると古代ケルト人が収穫を祝う祭りが起源とされています。また収穫を祝う他にも、悪霊を追い出すという宗教的な意味合いもふくまれています。何故か?いつからか?ただ単に楽しむイベントとして日本に広まって定着しています。

”今年は”というよりも、”今年からは”という思いが強いのですが、感謝する気持ちと共に日本人として宮中祭祀に参加していきたいと感じる今日この頃です。


宮中祭祀の日程(おまけ)

宮内庁のWebサイトからの引用になりますが、宮中祭祀の日程です。

1月1日

【四方拝(しほうはい)】 早朝に天皇陛下が神嘉殿南庭で伊勢の神宮,山陵および四方の神々をご遙拝になる年中最初の行事
【歳旦祭(さいたんさい)】 早朝に三殿で行われる年始の祭典

1月3日

【元始祭(げんしさい)】 年始に当たって皇位の大本と由来とを祝し,国家国民の繁栄を三殿で祈られる祭典

1月4日

【奏事始(そうじはじめ)】 掌典長が年始に当たって,伊勢の神宮および宮中の祭事のことを天皇陛下に申し上げる行事

1月7日

【昭和天皇祭(しょうわてんのうさい)】 昭和天皇の崩御相当日に皇霊殿で行われる祭典(陵所においても祭典がある)夜は御神楽がある。

1月30日

【孝明天皇例祭(こうめいてんのうれいさい)】 孝明天皇の崩御相当日に皇霊殿で行われる祭典(陵所においても祭典がある。)

2月17日

【祈年祭(きねんさい)】 三殿で行われる年穀豊穣祈願の祭典

2月23日

【天長祭(てんちょうさい)】 天皇陛下のお誕生日を祝して三殿で行われる祭典

春分の日

【春季皇霊祭(しゅんきこうれいさい)】春分の日に皇霊殿で行われるご先祖祭
【春季神殿祭(しゅんきしんでんさい)】春分の日に神殿で行われる神恩感謝の祭典

4月3日

【神武天皇祭(じんむてんのうさい)】 神武天皇の崩御相当日に皇霊殿で行われる祭典(陵所においても祭典がある。)
【皇霊殿御神楽(こうれいでんみかぐら)】 神武天皇祭の夜,特に御神楽を奉奏して神霊をなごめる祭典

6月16日

【香淳皇后例祭(こうじゅんこうごうれいさい)】 香淳皇后の崩御相当日に皇霊殿で行われる祭典(陵所においても祭典がある。)

6月30日

【節折(よおり)】 天皇陛下のために行われるお祓いの行事
【大祓(おおはらい)】 神嘉殿の前で,皇族をはじめ国民のために行われるお祓いの行事

7月30日

【明治天皇例祭(めいじてんのうれいさい)】 明治天皇の崩御相当日に皇霊殿で行われる祭典(陵所においても祭典がある。)

秋分の日

【秋季皇霊祭(しゅうきこうれいさい)】 秋分の日に皇霊殿で行われるご先祖祭
【秋季神殿祭(しゅうきしんでんさい)】 秋分の日に神殿で行われる神恩感謝の祭典

10月17日

【神嘗祭(かんなめさい)】 賢所に新穀をお供えになる神恩感謝の祭典。この朝天皇陛下は神嘉殿において伊勢の神宮をご遙拝になる。

11月23日

【新嘗祭(にいなめさい)】 天皇陛下が,神嘉殿において新穀を皇祖はじめ神々にお供えになって,神恩を感謝された後,陛下自らもお召し上がりになる祭典。宮中恒例祭典の中の最も重要なもの。天皇陛下自らご栽培になった新穀もお供えになる。

12月中旬

【賢所御神楽(かしこどころみかぐら)】 夕刻から賢所に御神楽を奉奏して神霊をなごめる祭典

12月25日

【大正天皇例祭(たいしょうてんのうれいさい)】 大正天皇の崩御相当日に皇霊殿で行われる祭典(陵所においても祭典がある。)

12月31日

【節折(よおり)】 天皇陛下のために行われるお祓いの行事
【大祓(おおはらい)】 神嘉殿の前で,皇族をはじめ国民のために行われるお祓いの行事

この記事を書いた人

いんな~ぼいす♪

「いんな〜ぼいす♪」は細渕和規(Hosobuchi Kazunori)の公式ブログです。自分の内なる声で生活に良い変化がありました。今年からヒーリングを受け始めて、今度は人生に良い変化が出始めています。1968年7月6日生まれの申年蟹座、埼玉県さいたま市浦和区出身です。血液型A型、右利き。