PHILIPS製シェーバー「RQ1257」ヘッド部修理の中間報告

修理センターから修理品を確認したとの電話連絡がありました。

ヘッド部分を新品に交換するだけで直ぐに終了するそうです。但し、このモデル(RQ1257)のヘッドではなくて後継モデルのものなるそうです。

本体は、まだ使えるとのことでした。

現在のRQ1257のヘッドはこちら!

もしかしたら、後継のこっちになるのかな?

「ヘッド」だけでも、「ヘッド+本体」でも修理費用は同じとのことです。修理センターの方からは全交換を勧められましたが、ヘッドのみでお願いしました。

先日もアップしましたが、この電気シェーバーには大切な思い出があるので、出来る限りオリジナル部分を残したかったのです。

修理完了品はクロネコヤマトで送付頂けるとのことで、修理費用は代引き料金としてクロネコヤマトに支払うシステムだそうです。今回の料金は9,155円でした。

修理品が届いたらアップします!

こちらの記事も如何ですか

この記事を書いた人

いんな~ぼいす♪

「いんな〜ぼいす♪」は細渕和規(Hosobuchi Kazunori)の公式ブログです。自分の内なる声で生活に良い変化がありました。今年からヒーリングを受け始めて、今度は人生に良い変化が出始めています。1968年7月6日生まれの申年蟹座、埼玉県さいたま市浦和区出身です。血液型A型、右利き。