PHILIPS製シェーバー「RQ1257」ヘッド交換部品『Shaving head Replacement(SH70/71)』で蘇った切れ味

PHILIPS公認の修理センターで2018年5月28日に1回目のヘッド交換をしました。交換してから28ヶ月も使用したこともあって、切れ味が低下したので、先日、2回目のヘッド交換をしました。

今回は家電量販店でヘッド部のみ交換できるShaver7000シリーズ用『Shaving head Replacement(SH70/71)』を購入して自分で交換しました。

本体は2014年に購入した製品ですが、ヘッド交換で切れ味が新品同様になって、まだまだ使用できる状態になりました。

それと、販売応援に来ていたPHILIPS社スタッフから、意外な事実を教えて頂きました。プチ情報として共有したいと思います。

製品情報

製品名

 『Shaving head Replacement』(SH70/71)

外箱

 <表面>
 7000シリーズ用のヘッドが、RQ12シリーズに使えます。

 <裏面>
 2年ごとのヘッド交換を推奨しています。

 <側面>
 交換方法がイラストで説明されています。

同梱物

価格

 税込6,380円

購入店舗

 ヨドバシカメラAKIBA店

購入日

 2020年10月3日(土)

交換方法

本体からヘッドを引き抜きます。

本体の受ける箇所(凹側)です。

ヘッド部の差し込む箇所(凸側)を押し込みます。

使用感

動きが軽快になって購入時の新品に戻りました。刃がヒゲを捉えていることを実感でき、短時間で綺麗に剃り上がります。

マッチングが大切

PHILIPS販売員から修理センターに出して、戻って来たヘッド(RQ12/61)について教えて頂きました。

販売員

「間違ったヘッドをご利用されていますね。」

いんな〜ぼいす♪

「そうなんですね。」

販売員

「シリーズが違います。」

いんな〜ぼいす♪

「御社の公認修理センターに出したのですが・・・。」

販売員

「・・・・・・」

刃の枚数が違うので、剃り上がりが悪くなるそうです。多ければ良いというものではないそうです。

本体が対応していれば、刃の枚数が多くても問題はないとのことです。本体とヘッドのマッチングが大切ということです。

まとめ

ヘッド部分を交換しただけで、新品時の剃り上がり感が戻って良かったです。

但し、本体が2014年製で実際に6年間も使っているので、急に充電ができなくなったり、電源がONにならない、といった故障事例があるので注意する必要があるそうです。

本体が動く限りは、まだまだ使い続ける予定です。

こちらの記事も如何ですか

この記事を書いた人

いんな~ぼいす♪

「いんな〜ぼいす♪」は細渕和規(Hosobuchi Kazunori)の公式ブログです。自分の内なる声で生活に良い変化がありました。今年からヒーリングを受け始めて、今度は人生に良い変化が出始めています。1968年7月6日生まれの申年蟹座、埼玉県さいたま市浦和区出身です。血液型A型、右利き。