スマートコントラクト

日本語で言うと、スマートは”賢い”、コントラクトは”契約”になりますが、暗号通貨取引という範囲よりはブロックチェーン上での取引をする際に取引履歴と共に契約内容まで記録してしまうことです。

スマートコントラクトとブロックチェーンの組み合わせによって、当事者間の契約取引についてもプログラムとしてブロックチェーン上に記載し、契約執行内容が満たされたら自動的に契約が執行され成立する仕組みをつくることがでします。

このシステムによって、取引を成立させてるための作業を自動的に遂行できるようになるので、不正な取引が減少することになります。また、現在は仲介業者/仲介人がやっていることを自動化できますので、スマートコントラクトが実用化された際は取引の仕組みや構造が大きく変わっていく可能性があります。

この記事の前後に書いた投稿