P2P(Peer to Peer)

P2P(P2P, ピアツーピア)とは、個々の端末を繋ぎ合わせて構築するネットワークのことで、中央サーバー(管理者)を置かない、非中央集権的なネットワーク運営を行います。

P2Pは個々の端末同士でデータを直接的に共有し合う分散型ネットワークの性質を持っているので、サーバーにアクセスが集中して負荷がかかって回線がパンクするケースもなくなり、ダウンロード時間もかかりすぎるという状況もなくなります。

お金の世界に例えると、銀行のような仲介業者をなくして、個人同士でお金のやり取りが直接できるということです。これを可能にしたのが暗号通貨の技術革新です。

この記事の前後に書いた投稿