分散型プラットフォーム

分散型プラットフォーム(DApps ダップス)は、中央集権型プラットフォームとは相反して、中央の管理者が存在せずに自主的に独立して動作するアプリケーションです。

分散型プラットフォームでは、秘密鍵を中央管理者に預ける必要がないため、取引きの安全性を確保しやすいという特徴があります。

アプリケーションは、オープンに流通可能な暗号トークンを持ち、アプリケーション利用の際にトークンを利用します。参加者はそのトークンによって報酬が支払われます。

また、アプリケーションはマーケットやユーザーからの改善要求によって、内部のプロトコルを定期的に機能改善していきます。

この記事の前後に書いた投稿