暗号通貨

セキュリティ対策として暗号技術が使われているデジタル通貨の総称です。

日本国内では仮想通貨と呼ぶことが一般的ですが、グローバル的には暗号通貨の英訳である「Cryptocurrency」が使われるのが一般的になっています。代表的な暗号通貨としては、Bitcoin(BTC)、ERP(XRP)、Ethereum(ETH)などがあります。
Suicaなどは電子マネーであり、暗号通貨ではありません。

国家が価値を保証する法定通貨に対して、暗号通貨は中央銀行のように公的な発行体や管理者が存在しません。電子マネーは法定通貨と同様に中央管理者が存在します。

暗号通貨は以下の特徴があり、政府や中央銀行から注目されいて開発が進められています。
・セキュリティが高くハッキングされづらい
・送金履歴から資金の移動状況が確認できる
・不正改ざんやコピーが極めて難しい

暗号通貨には、「カレンシータイプ(Currency)」と「アセットタイプ(Asset)」があります。