中央集権型プラットフォーム

現在、国内外にある大手の暗号通貨取引所で使用されているプラットフォームは、基本的に中央集権型が主流となっています。

中央集権型のプラットフォームでは、暗号通貨のやり取りの際に要求される秘密鍵が、中央管理者の元に預けられています。

しかし、秘密鍵が中央に集中していることでハッキング被害などが生じた場合に大量の暗号通貨が流出してしまうという大きなリスクがあります。

ただし、現状の暗号通貨の取引においては手数料が安く、日本円で手軽にコインが売買できるというメリットが大きいので圧倒的に中央集権型の取引所が利用されています。

この記事の前後に書いた投稿