51%攻撃(51%アタック)

悪意のあるグループまたは個人によって、ネットワーク全体の採掘速度の51%(50%以上)を支配して不正な取引を行うことです。

1つのノード(集合点)が全体の計算能力の過半数を支配すると以下の現象が発生します。
(1)不正な取引の正当化
(2)不正な取引の拒否
(3)採掘の独占を行うことが可能

現状では51%攻撃に対する有効な対策はありません。攻撃者は51%攻撃を行ったとしても期待以上の利益を得ることがないと知っている為に現実的には51%攻撃を行わないと考えられえています。

51%攻撃の脅威によって、ビットコインの安全性は100%確保できない為にビットコインの価値も下がります。

この記事の前後に書いた投稿