業界用語集

基礎的な用語ばかりですが、暗号通貨で使われる用語についての説明です。

追加希望がありましたら、お問い合わせからご連絡下さい。

【あ】

 「アセットタイプ
 「アルトコイン
 「暗号通貨
 「ウォレット

【か】

 「仮想通貨」→「暗号通貨」参照
 「カレンシータイプ
 「コールドウォレット

【さ】

 「人工知能」→「AI」参照
 「スマートコントラクト

【た】

 「ダップス(DApps)」→「分散型プラットフォーム」参照
 「中央集権型プラットフォーム
 「トークン
 「トランザクション

【な】

 「二段階認証

【は】

 「ハッキング
 「ハッシュ
 「ピアツーピア」→「Peer to Peer」参照
 「フィンテック
 「プラットフォーム
 「プルーフオブワーク
 「ブロックチェーン
 「分散型プラットフォーム
 「ホットウォレット
 「ホワイトペーパー

【ま】

 「マイニング
 「マルチシグ

【や】

【ら】

【わ】

【A】

 「AI

【B】

【C】

【D】

 「DApps(だっぷす)」→「分散型プラットフォーム」参照

【I】

 「ICO
 「IDセルフィー
 「IoT

【P】

 「Peer to Peer
 「Proof of Work(PoW)」→「プルーフオブワーク」参照
 「P2P」→「Peer to Peer」参照

【S】

 「Society 5.0

【その他】

 「51%攻撃