『読まれる・稼げる ブログ術大全(ヨスさん著)』読みやすくて読まれるブログを楽しく書けるようになる本

ご自身のブログも月間125万PVを獲得し、ブログを本気で書いている700名以上に書き方を教えてきたのが、ヨスさんこと矢野洋介さんです。

そのヨスさんが、ブログを書き続けて得た知識やテクニックなどを惜しみなく、まとめているのが本書『読まれる・稼げる ブログ術大全』です。

読まないという選択肢はありません。実際に読み終えると、読んで貰うための工夫や配慮など、多くのことを学べました。

「ブログをはじめてみたい」、「ブログをはじめたけど更新頻度を上げたい」、「自分のブログをもっと読んで貰いたい」などなどの様々な要望応えられる濃密な本でした。

早速、ご紹介します。

本書の基本情報

著者

 ヨス
 ※矢野 洋介 (やの ようすけ)

価格

 税別1,800円

発行所

 株式会社日本実業出版社

発行

 2020年10月1日 初版発行

本書の構成

  1. ブログの「特性」を知っていると挫折しない!
  2. ブログってなにを書けばいいの?
  3. わかりやすい文章を描くためには?
  4. 1画面に見える文章は「少なく見せる」
  5. ファンを増やすために大切なこと
  6. 「最強のSEO」とは?
  7. 過去記事は宝の山
  8. ブログで稼ぐにはどんな方法があるの?
  9. これってNG?「初心者失敗あるある」
  10. 継続するために知っておきたい6つの鉄則
  11. 「ブログで夢をかなえた」7人の声

これから気をつけたい3つのこと

本書で得ることはたくさんありました。その中で今から気をつけようと決めた3つのことをご紹介します。

(1)好きなことをヘンタイ的に!

好きなことや興味があることをヘンタイ的に突き詰めて、アツい気持ちでガンガン書くことが大切になります。

ただし、好き勝手に書くのではなく、検索意図を考えて、文章や画像、デザインなどについてはキチンと考える必要はあります。

読者に満足・信頼・感謝を得られるかが大切なポイントになります。

(2)文章はシンプルな構造に!

読まれない原因の1つに「読みづらい文章で書かれている」があるということです。解りやすい文章を書く基本は、シンプルな構造にすることです。

簡単にいうと、1つの文を長くし過ぎないことです。「〜ですが」「〜でして」「〜であって」などは無限に文章をつなげることで可能となります。結果として、解りにくい文章になります。

文章は分割する構造がシンプルになって、理解することが楽になります。結果として、読んでもらえる文章になるのです。

(3)ブログの先にあることにワクワクする!

本書では8つのワクワクが紹介されていますが、ここでは3つご紹介します。

【自分を理解できるようになる】ブログを書くことで自分をよく理解できるようになります。やりたいことや好きなことが解るので、注力することができるようになります。

【人生に無駄がなくなる】身のまわりのこと全てがネタになるので、人生に無駄がなくなります。失敗したことや苦労したことをブログに書けば、同じ体験する人の役に立てるのです。

【夢が実現しやすくなる】ブログで自己開示してアウトプットしていると、自分の夢ややりたいことを読者に知ってもらうことができます。すると、面白い話が舞い込んでくる可能性があるのです。

まとめ

はじめてみると奥が深くて、楽しくなってくるのがブログです。SNSやYouTubeなどと連携させれば、その無限な可能性にワクワクしてきます。

本書の『ブログは「続けること」よりも「やめないこと」のほうが大切だ!』の言葉に同感です。更新頻度が低くなっても続けることが大切と思います。

まだ、ご自身のブログを開設していないならば、はじめてみることをオススメします。特に50代や60代の方は人生経験や知識が豊富なので、ネタが多いので始めやすいと思います。毎日が楽しくなります。

こちらの記事もいかがですか

この記事の前後に書いた投稿