『The One Thing』(Gary Kellerさん著)「1つのこと」にしぼり込んでドミノ倒しように成果を得る心得

「二兎追うものは一兎をも得ず」

本書のページをめくると最初に目に飛び込んでくる文字でした。「そういう本なのか・・」と思いながら読み続けて行くと、違った意味合いがありました。

最優先すべき1つを絞って成果を得ることで、ドミノ倒しのように次々と成果を手に入れることができるのです。

そして「1つのこと」が、人生にも深く関係していることを理解する1冊となっています。ご紹介します。

本書の基本情報

著者

Gary Keller
(ゲアリー・ケラー)

ケラー・ウィリアムズ不動産共同設立者・会長。

価格

税別1,360円

発行所

SBクリエイティブ株式会社

発行

2014年1月30日 初版
2014年3月 4日 第2刷

全てのことには優先度がある

すべてのことは等しく重要ではありません。例えば、100の仕事を片付けても、1つの意義のある仕事には及ばないのです。

「やることリスト」ではなく、目覚ましい成果を目的とした「成功のリスト」が必要となるのです。

的をしぼり込む質問

「成功のリスト」の中から、さらに最優先の「1つのこと」をしぼり込むのです。そのために「的をしぼりこむ質問」をするのです。質問の要素は3つです。

要素1

それをすることで

要素2

他のすべてがもっと容易になるか不要になるような

要素3

私ができる「1つのこと」は何か?

どんなときにも「1つのこと」は存在する

すべての中で他のものより重要な「1つのこと」は必ずあるものです。1つだけではないこともあるし、永遠に同じものでないこともあります。

「1つのこと」の生産性を高くする

余暇の時間

成功者は最初に休暇の計画を立てます。休息は労働を同じくらい重要なのです。

「1つのこと」のための時間

1日の中でできる限り早い時間帯で、最低限4時間を割り当てます。

プランを立てるための時間

年間の目標や月間の目標を見直すために、週に1時間を割り当てます。

最初の小さなドミノを倒す

最初に倒すドミノは小さくでも、次のドミノから少しづつ大きくなっていきます。

最初のドミノが5cmであった場合、10番目の高さは2m、23番目の高さはエッフェル塔、57番目の高さは月にまで到達するそうです。

時間をかけて、成功で成功を積み上げていけば良いのです。

まとめ

目的を持って、優先順位を意識して、もっとも重要な「1つのこと」を根気強く継続して、成果を出していけば、人生は有意義なものになるのではと感じます。

成果は金銭的なこともあるし、意識的なこともありますので、個人の価値観で決めればよろしいかと思います。

人生の最後に「ああすれば良かった」ではなく、「ああして良かった」と思えるような最良の人生につなげたいものです。

こちらの記事もいかがですか

この記事を書いた人

いんな~ぼいす♪

「いんな〜ぼいす♪」は細渕和規(Hosobuchi Kazunori)の公式ブログです。自分の内なる声で生活に良い変化がありました。今年からヒーリングを受け始めて、今度は人生に良い変化が出始めています。1968年7月6日生まれの申年蟹座、埼玉県さいたま市浦和区出身です。血液型A型、右利き。