『借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ』(小池浩さん著) 宇宙にオーダーして人生を楽しむことを教えてくれる一冊

本書は、銀行・消費者金融・ヤミ金などから総額2,000万円以上も借金してしまった小池浩さんが、9年間で借金を返済して、さらに人生大逆転された経緯と方法が書かれています。

面白おかしく書かれているのですが、エピソードなど含めて実話なのがビックリです。

結論から言ってしまうと方法は「宇宙へのオーダー(口ぐせ)」なのです。しかし、単にオーダーすれば良いのではなく、宇宙の”オキテ”を守ることが、とても大切になります。

では、ご紹介します。

小池浩さんの基本情報

経歴

心理セラピスト
スピリチュアルカウンセラー
マインドコーチ
パワーストーンコーディネーター

宇宙のしくみや独自の願望達成法についてのセミナーを開催し、好評を得ています。

本書の基本情報

著者

 小池 浩 (こいけ ひろし)

価格

 税別1,400円

発行所

 株式会社サンマーク出版

発行

 2016年9月15日 初版
 2019年3月10日 第28刷

口ぐせは宇宙へのオーダー

口から出てくる言葉は宇宙へのオーダーになります。

例えば、「このプロジェクトを成功させるのは難しいな」、「人付き合いは神経が疲れる」、「この料理は上手く作れないことが多い」などと言うと宇宙さんは、”難しくしてあげよう”、”疲れさせてあげよう”、”上手く作れないようにしてあげよう”と、オーダーを叶えてくれるのです。

「何とかしてください」ではダメ

本書でも書かれていますが、喫茶店で「何か飲み物ください」と注文(オーダー)する人はいません。「ホッとコーヒーを1つ下さい」とか、「りんごジュースを2つください」など、具体的にオーダーします。

もし「なんとかしてください」とオーダーしてしまうと、恐ろしいほどの「なんとかしれくれ」という状況になってしまうのです。

懇願オーダーもダメ

「〜したい」、「〜になりたい」といった懇願系もダメです。

例えば、「年収1,000万円になりたい」とか「世界一周したい」と言った願望オーダーは、年収1,000万円になりたいと願う自分となったり、世界一周したいと願う自分となります。

未来を「完了口ぐせ」

では、どういう口ぐせ(オーダー)が良いのかというと、「明確に結果を決めて、オーダーする」のです。そして「信じて待つ」のです。

「年収1,000万円になりました」、「世界一周をしました」というのが、完了口ぐせになります。できれば「2021年に・・・」というような時間軸をつけることをオススメします。

時間は未来から過去へ

宇宙には時間の概念がないのです。強いて言うならば、「未来から過去へ流れている」という表現が正しいのです。未来をつくって、未来から今(現在)をつくっていくのです。

まとめ

人は幸せになるために生まれてきました。

「幸せになる」ということが結果としてあるのですが、達成した時のために宇宙さんが、失敗や困難といった演出をすることがあります。そして、失敗や困難を体験したら、「やった!これで願いがかなったぞ。」とつぶやきましょう。

その演出に負けたり諦めないで、未来には結果があると信じて、楽しむのが人生であると感じます。オススメの一冊です。

こちらの記事もいかがですか

この記事を書いた人

いんな~ぼいす♪

「いんな〜ぼいす♪」は細渕和規(Hosobuchi Kazunori)の公式ブログです。自分の内なる声で生活に良い変化がありました。今年からヒーリングを受け始めて、今度は人生に良い変化が出始めています。1968年7月6日生まれの申年蟹座、埼玉県さいたま市浦和区出身です。血液型A型、右利き。